煽り運転対策と対応の仕方!

身近な話題
スポンサーリンク

最近ニュースで「煽り運転(あおり運転)」のことについて騒がれていますよね。

僕も先日、煽り運転をされてしまいました。とても怖い思いをしたことを今も覚えています。

そんな「煽り運転」の被害に遭わないための対策・対応について紹介したいと思います。

「煽り運転」とは?

煽り運転は、

・意図的に車間距離をつめる

・クラクションやパッシングで威嚇する。

・長距離に渡って追い回す。

・幅寄せして走行を妨害。

・目の前でブレーキを踏み、無理に停車させる。

などの嫌がらせ行為のことです。

2017年6月の「東名高速夫婦死亡事故」で煽り運転に注目が集まったうえに、煽り運転でバイクに乗った男性が死亡した事故が起きました。

「事故」というよりも「事件」と言っても過言ではない、「煽り運転」の危険さや凶悪さが世間に認識されました。

煽り運転に遭わないための予防策

車線変更に気をつける

煽り運転に発展してしまう原因として多いのが、「無理な車線変更を行う」という行動です。

・無理な車線変更を行って後続車の前に入り込んだために、後続車に追突の危険を感じさせてしまったり、走行を妨げてしまう。

・速度が比較的ゆっくりなのに、追い越し車線に車線変更してしまい、後続車の走行を妨げてしまう。

以上のことで、ドライバーを刺激してしまい報復として煽られるという危険性があります。

安全運転や他者に気を配ることが危険回避の最も有効な対策だと思います。

無理な車線変更は行わないようにしましょう!

追い越さない

ドライバーの中には、追い抜かされることが異常に嫌いな人もいます。

そんな人に目を付けられないようにするには、追い越さないという手段をとるしかありません。

「追い越さない」・「道を譲る」ということを心がけて運転をしましょう。

煽り運転対策グッズの導入

運転以外でも対策の仕方があります。

ドライブレコーダーの設置

「録画中」・「ドライブレコーダー搭載車」といったステッカーを貼る



こういったグッズを導入することで、他のドライバーに煽ったらまずいと言う危機感を持たせ、冷静にさせることが期待できます。

煽られたときの対応

安全な場所へ避難

交通量の多いところで走行を妨害され、停車させられてしまうと大変危険です。

道路ではなく、停車可能な安全な場所に避難しましょう。

一般道では、道沿いにあるガソリンスタンドやお店の駐車場に逃げ込むのが良いと思います。

高速道路の場合は、最寄のサービスエリアやパーキングエリアに入るのが良いかと思います。

もし、逃げ込んだ先に追いかけてきても、車のドアや窓を開けずに、安全を確保した上で、警察に通報してください。

道を譲る

後続車が思うようにスピードを出せずにイライラしているだけのときは、道を譲るだけで解決する場合もあります。

録画する

ドライブレコーダーや助手席などに座っている人にスマホで動画撮影してもらいましょう。

大きなトラブルに発展してしまった際の証拠にもなりますし、撮影されているのに気づいた相手が嫌がってその場を離れることもあります。

撮影していることに気がついた相手が逆上するリスクもあるので、注意してください。

冷静になり無視をする

運転中にパニックを起こすと大変危険です。

煽られるというのは大変怖い思いをするものですが、冷静になることが大切です。

並走され続けたり、車間距離を詰められても気にせず、安全運転を続けましょう。

前方に入り込み、急ブレーキをかけてきたりする場合は、危険ですので安全な場所に避難をするなどしてやり過ごしましょう。

煽られたときにやってはいけない行動

対抗する・煽り返す

最もやってはいけない行動が、感情的になって「対抗する」「煽り返すことです。

煽り運転は犯罪です。煽られたからといって、同じように煽ってはいけません。

重大な事故に発展する可能性もありますし、周囲の第三者に被害を与える加害者になってしまうかもしれません。

ドライバーは怒りやすい精神状況になることがあるようですが、冷静になって対応することが大切です。

停車して相手が詰め寄ってきた際に、ドアや窓を開ける

相手が暴力的な場合もあります。煽り運転の末に停車してしまった場合は、絶対にドアや窓を開けてはいけません。

暴行を受けた際に、ブレーキから脚を離してしまって事故になってしまうこともあります。

たとえ、相手が社外で暴れていたとしても、車のドアや窓は頑丈で、壊される心配はほとんどありません。

中に篭っていれば安全です。

おわりに

煽り運転をされると言う体験は、本当に怖いものです。

確かに煽るほうが悪いのですが、煽られるほうの無理な車線変更などの自分勝手な運転が原因になっていることもあります。

煽られないような対策や、煽られても冷静な精神状態を保つことを心がけましょう。

目を付けられないように余裕を持った運転・安全運転を心がけるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました